植物の夢占い

夢占い – 「彼岸花の夢」の意味。触らぬ神に祟りなし

彼岸花の夢は、

  • 故人への想い
  • 情熱
  • 悲しい過去

をあらわします。

彼岸花は曼珠沙華・死人花・地獄花とも呼ばれ、9月中旬〜10月、秋のお彼岸のシーズンに向かって花を咲かせます。

墓地の近くに咲いていることが多く、死のイメージが強い花。

また、彼岸花の赤い色が炎のように見えることから、熱い心(情熱)を暗示することもあります。

死と炎が結びつき、地獄のような苦しみや悲しみをあらわす場合も。



スポンサーリンク

彼岸花の夢のプラス面からの暗示

彼岸の時期に彼岸花を見る夢

故人を思い出しているようです。

または、情熱を胸に秘めていることを暗示しています。

明るい彼岸花の夢

明るいイメージの彼岸花の夢は、

あなたが故人や死後の世界を前向きに捉えていることを意味します。

ご先祖様のおかげで今の自分があることを実感しているのでしょう。

黒い彼岸花の夢

黒は不吉な色ですが、可能性を秘めている色でもあります。

あなたが夢で黒い彼岸花を見たら、

眠っている才能が開花するかもしれません。

彼岸花を摘む夢

スピリチュアルな体験、不思議な体験をする予感。

彼岸花を食べる夢

彼岸花には毒がありますが、水にさらせば毒が抜けるので、昔の人は非常食にしていました。

あなたが彼岸花を食べる夢は、

非常時に適切な判断ができる冷静さを暗示しています。

ただし、何の処理もせず彼岸花を食べていた場合は、

無鉄砲な行動に注意。

また、非常食が必要になるほど危機的な状況を暗示している場合もあるので、警戒が必要です。

彼岸花の夢のマイナス面からの暗示

枯れた彼岸花の夢

情熱が消えることを暗示しています。

興奮が冷めて我に返るでしょう。

白い彼岸花の夢

死への想いが強まっています。

苦しい人生に疲れて死後の世界に惹かれているのかもしれません。

しかし、自ら死を選んだ人は成仏できず、永遠に苦しみ続けるといいます。

どんなに辛くても、与えられた命を無駄にしないでください。

彼岸花を踏む夢

あなたがご先祖様を軽んじていることを意味します。

ただし、彼岸花を踏んで心を痛めていた時は、

しばらくお墓参りに行けなかったことや、仏壇に手を合わせていなかったことを後悔しているようです。

お盆やお彼岸にこだわらず、できる時にご先祖様に挨拶しましょう。何もない日でもお坊さんに頼めばお経を上げてくれるはずです。

彼岸花を掘り起こす夢

彼岸花の根には毒があります。

あなたが彼岸花を掘り起こしていたら、

余計なことに首を突っ込んだり、過去のことを掘り返したりしてトラブルに巻き込まれるかもしれません。

好奇心で身を滅ぼさないように注意してください。

季節外れの彼岸花の夢

珍しいものを見つけてもそっとしておきましょう。

手出しや口出しをすると痛い目に遭います。

彼岸花を持ち帰る夢

真っ赤な彼岸花は炎によく似ていることから、持ち帰ると家が火事になるという言い伝えがあります。

また、子どもが毒のある彼岸花を触らないようにするための教えでもあったようです。

彼岸花を持ち帰る夢は

「危険なものを招き入れてはいけない」という夢からのアドバイス。

悪意のある人とは関わらないようにしてください。恋愛でも危険な異性に引っかからないように気をつけましょう。

彼岸花を引っこ抜く夢

昔は土葬が当たり前だったので、野生動物に墓を荒らされないように毒のある彼岸花を植えていました。

非常食として水田の周りにも彼岸花が植えられています。

気味が悪い、不吉だからという理由で彼岸花を引っこ抜いてしまう夢は、

本質を見失っていることを意味します。

見た目がきれいなものだけが役に立つわけではありません。

人間を見る時も肩書きに惑わされないようにしてください。立派な肩書きがあるからといって立派な人とは限りませんし、嘘をついている可能性もあります。

上辺だけで判断するのはやめましょう。

まとめ

彼岸花は不吉な花と言われますが、墓を守ったり、非常食になったり、人間の役に立ってきました。

この夢を見た時は本質に目を向けることが大切です。

目に見えなくても、ご先祖様に守られていることを忘れずに。


スポンサーリンク

筆者情報

スジャータ牛山

コーヒー片手に読書をするのが至福のひと時。姓名判断が得意な友達の影響で占いの世界に足を踏み入れました。お気に入りのパワーストーンは妹とお揃いで買ったラピスラズリ。夢占いに興味津々な夢見るアラフォー女子です。